クリスマスにアメリカ人とデートした時の話 その3

2020/12/10

漫画

All I want for Christmas is you

「そしたら俺は、今年も、大事な家族とクリスマスを過ごせたことになるだろ?」 

冬一郎も思わず立ち止まった。

大事な家族ってーー? 僕が?君の?

ベンはにっこり笑った。

「それでさあ、来年のクリスマスは、アメリカで一緒にすごそう。 アメリカの俺の家族には、君のこと、恥ずかしいなんて絶対に言わせない。むしろ、みんな君を誇りに思うよ。俺が選んだ人だもの」

ーーなんだ、これ。まるで、プロポーズみたいじゃないか。

驚きのあまり、冬一郎はその場に立ちすくんで、答えることさえできなかった。しかし、だんだん胸の奥がじんわりとあったかくなってきて、これまで感じたことのないような、この上なく幸せな気持ちにあふれた。なんだか、涙が出そうだ。僕にこんな素敵なことを言ってくれる人がいるなんて、とても信じられない。これが、クリスマスの魔法というやつなんだろうか?ああ、それなのに、なんてこった…僕は、ベンに贈り物ひとつ、用意していない。

「なあ、プレゼント、何がいい。なんでも買ってあげるよ!」

「何でも?」

「ああ、何でも」冬一郎は勢い込んで言った。

「本当に、何でも。金がたくさんあるわけじゃないけど、君のためなら、全部はたいたっていいよ」

「要らないよ、そんなの」

ベンは急にニヤっと笑って、ふざけた調子で、マライア・キャリーのクリスマスソングを歌いだした。

「All I want for Christmas is you(クリスマスに欲しいのはあなただけ)♪」 

雪は降らず、東京のビル群の上には星も見えず、プレゼントもなければ、豪華な食事もケーキも、何もなかった。それでも、最高のクリスマス・イブだった。2人は、LEDの光の海の中で、ドーナッツショップで買ったコーヒーを分けあいながら夢中で話し、一緒に暮らす計画を立てた。

ーーだがもちろん、その時はまだ、自分たちがもうふぐ子供を持つ親になろうなどとは、ほんの露ほども、思ってはいなかった。

☆一コマ漫画プレゼント☆

①楽天レシピで、気に入ったレシピに作ったよレポートください!
②下のコメント欄から「レポしたよ」と言ってください。
③ありがとうの一コマ漫画送ります。^^

楽天レシピのページ

Please leave your comments here★

名前

メール *

メッセージ *

QooQ