アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

ベイクトポテトのレシピ(幸せになれるアメリカのじゃがバタ)Baked Potatoes

f:id:montereyjack:20200430062818j:plain

皮はパリッ。割るとホクホク。中身は柔らかくってとろけるよ

 

本人気にしてなかったみたいだけど、ちょっと可哀想な目にあったベンのために、この上なく幸せな気持ちになれる料理を作りました。と言ってもめちゃシンプル。ベイクトポテトです。

前回の漫画の話↓

www.cheesefondueclub.com

ベイクトポテトは日本でいう「じゃがバター」。

もし、いつも電子レンジで加熱しているのなら、ここは、ぜひアメリカ流に、オーブンを使ってじっくり焼いてみてください。時間はかかるけど、ほっとけばいいだけなので手間はないですし、幸せ度が3倍、増します。うまく焼き上がったポテトは、ナイフを軽く入れるだけでパカっと気持ちよく割れてくれるはず。パリッとこんがりした塩付きの皮も、湯気を立てるあつあつの柔らかーい中身も、最高。バターやチーズなど好みのトッピングをしてお召し上がりください。

 

大きめのジャガイモ人数分

サラダ油またはオリーブオイル 適量

粗塩 適量

 

トッピング

バター 適量

または

チェダーチーズ

サワークリーム 

など

 

じゃがいもは皮のままたわしで洗い、水気を拭く。

フォークで数カ所突き刺し、サラダ油を満べんなく塗る。←これがコツ

天板の上にワイヤーラックを置き、その上にじゃがいもを並べる。粗塩をたっぷりふりかける。

180度に余熱したオーブンで1時間〜焼く。竹串を刺してすっと通るほど十分柔らかければ出来上がり。

ナイフを軽く入れて割ったら、バターなど好みのトッピングをしていただく。

 

僕のおすすめのトッピングはサワークリーム。

ベンはチェダーチーズをたーっぷりかけます。

ロンはシンプルに少量のバターだけでハッピーです。

 

ちなみに前回の漫画の話は、まだ続きます。次回もお付き合いください。

 

www.cheesefondueclub.com

 

 

お題「簡単レシピ」

お題「ささやかな幸せ」