アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

ベンとの約束2【国際結婚×子育て×漫画】

前回の続きです。

あらすじ。夜、僕は疲れ切ってるのにベンに捕まりました。

☆アダルトな発言があります。

 

ーーーーーー

「ベン、離してくれーー頼むから!」

冬一郎は無理やり身体をよじって、きつい抱擁を逃れた。ベンはキョトンとしている。本当はよく話し合うべきなのだろうが、冬一郎はほとほと疲れていて、話し合いはおろか少しも口をききたくないくらいだった。とはいえ、このまま黙って立ち去っては、ベンを傷つけてしまう。

「ごめん、そのーー僕、トイレ、行きたいんだ」

とっさにそうごまかして、冬一郎はその場を逃げだした。

実際トイレに入り、扉に鍵をかけて、仕方なく立て篭もる。

ああ。何やってんだ、僕。

便器の蓋に座って休みながら、冬一郎は深いため息をついた。自分の家なのに、ほっとできる空間がトイレだけって、どうしてなんだよ…

ドン。ドン。

扉を叩く音に、冬一郎は震え上がった。おい、まさか、やめてくれよ。後追いの子供でもあるまいに、トイレの前で、僕を待っていないでくれ!?

「冬一郎ちゃーん」ベンの呼びかける声。「大丈夫かい?お腹の調子が悪いの?」

「違うよ…」

冬一郎は頭を抱えた。

「僕は大丈夫だから、放っといて、くれってば…!」

f:id:montereyjack:20200821122428j:plain

Leave me alone

「冬一郎ちゃん、無理しないでいいよ。本当にさ。急に誘ったんだから、カラダの方の準備ができなくても、仕方ないよな」

何を勘違いしているのか、ベンは気遣いあふれる調子で延々喋りつづけている。ドアの前を離れてくれる気は、全く無いらしい。

「別に今夜じゃなくても俺はいいんだから、さ。あっ、そうだ、今度の土曜日さ、誰かにベビーシッター頼んで、デートしようよ。ずーっとしてないじゃないか、俺たち」

こうなったらもう、致し方ない。冬一郎はもう一度、深いため息をつくと、諦めてドアを開け、顔を出した。

「ベビーシッターって、何だよ」

冬一郎は聞いた。

「まさか、ミカさんやマリさんに頼む気じゃ、ないだろうな。やめてくれよ。僕らが男同士でデートしてるところなんて、ストレート(=性的指向が異性)の2人にとったら、聞いただけで吐き気を催すような事に違いないんだから」

「あはははは、そうかもね」

ベンは怯むことなくカラッと笑った。

「じゃあどこか有料のシッターを頼もうよ。アメリカじゃ一般的だよ。日本だって似たようなサービスくらいあると思うから、ネットか何かで調べてくれよ」

「どうして僕なんだよ」

冬一郎はいよいよ疲れて、むっとした。全く乗り気でないのに、余計な仕事まで増えるとは。

「デートを申し込んできたのは君だろ、ベン。君が調べろよ…」

「意地悪言うなよ、どうせどのサービスも日本語なんだから、君が手配してくれた方が10倍早いだろ?2人のデートだよ、協力してくれなくちゃあ」

「分かったよ…」

冬一郎は渋々承諾した。その時、寝室からぎゃーっというロンの泣き声がし、冬一郎の貴重な自由時間は終わったのだった。

翌日。

冬一郎は会社の昼休みを使って、ベンとの約束通り、信頼できそうなベビーシッター業者や地域のファミリーサポート制度などを色々調べ、結果、いつもとは違う保育園の土曜日一時保育に頼むことにした。子供を預ける、しかも、仕事以外の理由で預ける、というのは、実はなかなか難儀なことだ。日本語が拙い外国人がこれをやろうとしたら、確かにベンのいうとおり、さらに何十倍も骨が折れるに違いない。

「じゃあお願いします」

やっと予約を取り、電話を切ってホッとした後で、冬一郎はふと気がついた。

あ。

次の土曜日ってーー。

しまった。

僕、あのラジャさんという人に、料理を習う約束、してたんだった!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

続きます

f:id:montereyjack:20200717084655j:plain

ブクマでコメント↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはここからもできます

Please leave your comments here

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ

読者になる