アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

スウェディッシュエッグコーヒーの淹れ方1【国際交流×料理漫画】Swedish Egg Coffee

お題「コーヒー」 

ベイクトズィティコーヒーバトル~から続く長い夜の話です。

 

f:id:montereyjack:20200302092720j:plain

 

「冬一郎、食後に俺が面白いコーヒーを淹れてやるよ」

僕がキッチンを片付けていると、ミカさんがやってきて言いました。僕は、棚にしまおうとしていたモカ(直火式エスプレッソ)を慌ててまた出しながら答えました。

「コーヒー、やっぱり飲みたかったですか? 僕がみんなに淹れようと思ってたんですけど、なんだか喧嘩みたいになってしまったし、やめた方がいいのかなと…」

「まあそう言うなよ」と、ミカさん。「実はマリオのやつにやられっぱなしで、ムカついてるんだ。このままじゃあ、俺のプライドに関わるぜ…。とびきりの変わり種を教えてやるから」

スウェーデン人のミカさんとイタリア人のマリさんは、しょっちゅう言い争いをしているのですが、つい先ほども、どちらの国がよりコーヒー通か、という話で大いにやりあったのでした。僕の中では、このコーヒーバトルの勝者は断然ミカさんなのですが、ミカさん本人は負けたように思っていたようです。

「コーヒーの変わり種、ですか?」

「エッグコーヒーだ。飲んだことあるか?」

冷蔵庫から卵を1つ取り出すと、ミカさんは僕の隣に立ちました。彼はとても格好良く、ベンよりさらに背が高いので、僕はいつも見上げる感じになります。

「エッグコーヒー…ベトナムかどこかのやつでしたっけ?」

「それとは違うぜ。俺たちが今から作るのは、スウェーデンからアメリカに渡った移民が編み出したコーヒーの飲み方だ。これはな…金が無くていいコーヒー豆が買えない時に重宝するテクニックだぜ」

 そう言ってから、ミカさんは不意に、困ったような可愛い笑みを浮かべました。「間違っても、ベンのコナコーヒーではやるなよ。もったいないからな。もしやったら、ベンが泣くぜ。だから…やるなよ」

 

続きます。

 

f:id:montereyjack:20200121104243j:plain

 

 コーヒーの淹れ方、イタリア人のマリさんの場合

www.cheesefondueclub.com

 

コーヒーの淹れ方、アメリカ人のベンの場合。コナコーヒーについてもこちら。

www.cheesefondueclub.com

コーヒーの淹れ方、スウェーデン人のミカさんの場合。

 

www.cheesefondueclub.com

 ベンの作ったパスタ

www.cheesefondueclub.com

 

ツイッターで更新通知してます