アメリカ料理食育日記@日本

国際同性カップルの子育て漫画と、アメリカをはじめとした各国の家庭料理レシピ

スウェディッシュエッグコーヒー5(最終回)レシピ付き Swedish egg coffee【国際交流×料理漫画】

スウェディッシュエッグコーヒーシリーズの最終回です。

レシピと解説を漫画の後に記しておきます。→レシピへスキップ

漫画は前回分からのせます。

あらすじ。友人のミカさんが世界一風変りなコーヒーを淹れてくれました。

f:id:montereyjack:20200302085415j:plain

f:id:montereyjack:20200311092519j:plain

 

分かってるんだ。僕が楽しんでいるのは、このコーヒーの香りよりはかない束の間の幸せだってこと。僕には、こんな素晴らしいものを留めておく力なんかない。ベンも、ロンも、ミカさんも…偶然の積み重ねで、奇跡のように今ここに居てくれるけれど、きっとみんな、そのうち僕の前からいなくなってしまうだろう。ほろ苦い思いを舌先に持て余しながら。

 あとに残るのはきっと、鍋の底に沈むカスみたいな、壊れた僕の殻だけなんだ。

 

「あー、お前ら!」

 

突然の怒鳴り声に、感傷に浸っていた僕は一気に意識を引き戻されました。

マリさんがキッチンに入ってきて、怒りながら「またそんな異端コーヒー飲んでやがるな!」と言いました。

ミカさんは、静かにしろと言わんばかりマリさんをじろっと睨んでから、「お前の分は、ないぜ」と答えました。僕は思わず吹き出して笑ってしまいました。だって本当はまだ3杯分くらいはちゃんと残っていたからです。

「マリさん、よかったら飲みますか」と僕は勧めました。

「冬一郎ちゃんは礼儀正しいよね」とベン。「さすが日本人。優しいなあ」

「全くだぜ」ミカさんはしかめっ面で毒づきつつ、それでもマリさんにコーヒーを注いであげていました。

 この夜が、ずっとずっと続けばいい。僕は心からそう願いました。

 

 

f:id:montereyjack:20200121104243j:plain

 

 

スウェディッシュエッグコーヒーについての解説とレシピ(約10杯分)

Swedish egg coffeeは、アメリカの北欧系移民が編み出したとされる伝統的な飲み方です。Swedishと名前がついていますが、スウェーデン本国では一般的には知られていません。中西部のルーテル教会(ルター派のプロテスタント。ドイツをはじめ北欧諸国で信じられているキリスト教派)の集会でよく振る舞われたため、Church basement coffeeとの異称もあります。

なお、少ない量でやろうとすると失敗して不味くなります。減らさないでください。

 

卵1個

コーヒー(安いやつ)あらびきの粉にしてだいたい大さじ6~7杯

水2リットルくらい

冷水200mlくらい

 

1、ボールに卵を入れ、スプーンで豪快に叩き割ります。

2、コーヒーを粗挽きにして、1に入れ、スプーンで少し混ぜて、べとべとした感じの気持ち悪いペーストを作ってください。混ぜにくいときは、水(分量外)を大さじ1~2ほど入れてください。

3、鍋に水を入れて沸かします。

4、沸騰したら2を投入します。もこもこ泡立って吹きこぼれそうになるので火加減に気を付けてください。

5、三分くらい弱火で静かに煮たら火を止めます。

6、冷水(かなりキンキンに冷やしておいてください)を投入します。しばらくすると(5~10分)、浮いていた固形物がきれいに底に沈むはずです。

7、上澄みをすくってマグに淹れます。心配であれば、さらにコーヒーフィルターで濾してください。

 

次回はミカさんのおいしい料理レシピをアップしようと思います。

☆ちなみにこの長い夜の話はまだ続きます!

 

エッグコーヒーシリーズの最初の話

www.cheesefondueclub.com

 

お題「コーヒー」

ツイッターで更新通知してます。