アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

ハーフの子供の名付けをちょっとだけ後悔している理由【国際結婚×子育て漫画】

 名前の話シリーズ。

少々アダルトな発言があります、ご注意下さい。

 

f:id:montereyjack:20200724095015j:plain

苦手なR音の名前なんて付けるんじゃなった

僕はロンを探していました。

「ロンちゃん!ロン!」

何度呼んでも、いつものパタパタ可愛い足音や、キャッキャという笑い声が聞こえません。

「ロンちゃーん!」

心配になり、僕は何度も呼び続けました。すると、やっと遠くに、ロンの小さな背中が見えました。

「ロンちゃん、どうしたんだい、パパが呼んでるのが聞こえないのかい?」

僕が走り寄ると、ロンは、くるりと首を回して僕を見ました。

そして、こう冷たく言い放ちました。

「あのさあ。何度言ったらわかるの?ぼくは、ロン(Lon)じゃなくてロン(Ron)なんだよ。息子の名前も分からない癖に…父親だなんて言えんの?」

 

 

あああああR!!!

 

夢でした。

大声(R音)で叫びながら飛び起きたので、隣で寝ていたベンが驚いて目を覚ましたようでした。

「どうしたの、冬一郎ちゃん。エクソシストごっこ?」

あくびしながら聞くベンに、悪夢の恐怖が覚めやらぬ僕は、しがみついて頼みました。

「ベン、お願いだ、今度また僕がLとRの発音間違えたら、思いっきり引っ叩いてくれ!」

「ええっ…?」

「君が厳しくしてくれなきゃあ、僕は人生おしまいなんだ!」

「ちょっと、君、落ち着けよ」とベン。「何なんだい、いきなり殴れだなんて、また被虐趣味的なこと言っちゃって。大丈夫かい?」

「大丈夫じゃない。このままじゃ僕はロンは僕を父親と思ってくれなくなる。なんで僕は子供の名前をわざわざRで始まるやつなんかにしちゃったんだろう?」

「まあ、それはちょっと思ってたけど」

「思ったなら止めてくれよ!」

「被虐趣味の君のことだから、わざと難題を設定して苦しもうとしてるのかな、と」

な、何だって?僕は耳を疑いました。信じられない、なんて酷いヤツーー絶句して口をパクパクさせていると、ベンは急に嬉しそうに笑いだしました。

「あっはははは!冗談だよ!君からかうの面白いなあ、やめられないよ…」

あまりに意地悪なので、僕は今度こそ本当に頭に来ました。こっちは本気で頼んでるっていうのに!もう二度と、こいつに助けなど求めるものか。英語のネイティブスピーカーのくせに、いや、ネイティブだからLとRの痛みが分からないんだな。この役立たず、ばかやろう!

「大丈夫だよ、冬一郎ちゃん」

フンとばかり寝転がった僕の背中に、ベンが慰めるような優しい調子で声をかけてきました。

「怒るなよ。ロンは、俺たち2人で頭ひねって考えた最高の名前じゃないか。心配しなくても、君の発音はとてもきれいだよ。君がロンの名前の発音を間違えたことなんて、一度も聞いたことない。頑張ってるよな、偉いよ」

ベンが今さら何を言おうと、僕の怒りはおさまりませんでした。翌朝、僕は、ベンがいくら僕を呼んでも、返事してやりませんでした。

 

 

喧嘩してばかりです。でも今回は、絶対ベンが悪い。

 

f:id:montereyjack:20200717084655j:plain

 


なおタイトルには便宜的に「ハーフ」という言葉を使用しています。 ハーフという言葉の問題についてはこちらの記事を読んでください↓ www.cheesefondueclub.com