アメリカ料理食育日記@日本

国際同性カップルの子育て漫画と、アメリカをはじめとした各国の家庭料理レシピ

フェットチーネ•アルフレードのレシピ

f:id:montereyjack:20200110064339j:plain

フェットチーネ・アルフレード

初めての方、こんにちは。漫画が多くてレシピがやたら少ないですが、一応レシピブログです。アメリカ料理を中心に各国の料理を紹介していきます(するつもりです)。いつもお付き合いいただいている方、ありがとうございます。

今回は、僕のパートナーでアメリカ人のベンが、再び真夜中に作ってくれたパスタ、フェットチーネ・アルフレードのレシピをアップします。

このパスタはこの上なくクリーミーで濃厚なソースで、一口食べれば口の中が至福で満たされます。が、材料見れば判る通り、とんでもないカロリーの悪魔的なパスタです。

ここぞという時作ってみて下さい(いつだよ)。

 

なお、僕がベンを怒らせて喧嘩になってしまったため、分量はかなり適当にしか教えてもらえませんでした。すみません。でもご心配なく、大雑把に作っても美味しくできます。しかもすんごい簡単です。カロリーにビビらないことだけがコツのようです。

  

フェットチーネ・アルフレード 

材料

パスタ(特にフェットチーネでなくても大丈夫)400g

バター120g〜

生クリーム200ml〜

パルメザンチーズなど粉チーズ 200cc〜

にんにく 2かけ

塩、ブラックペッパー 適宜

 下茹で済みのほうれん草(あれば)

 好みでさらにパルメザンチーズ

 

 作り方

1、パスタを茹でます。大きな鍋に湯を沸かし、塩を適量いれて時間通り茹でます。

2、フライパンを弱火にかざし、バターの塊を入れて溶かします。にんにくをつぶしてみじん切りにしたものを加え、香りを出します。生クリームを加え、沸騰直前まで温めます。

3、2にチーズを加え、とけるまで箸でかき混ぜます。ここにパスタのゆで汁少々を加えると絡みがよくなります。あれば下茹で済みのほうれん草を彩りに加えます。

4、ソースにパスタをからめたらできあがりです。味を見て塩とブラックペッパーで整えてください。好みで、さらに粉チーズをかけて食べます。

 

フェットチーネ・アルフレードは、もとはイタリアのローマのとあるレストランのスペシャルメニューだったようですが、アメリカで人気となり、今ではすっかりおなじみのアメリカ料理となっています。スーパーに行けば、瓶詰やレトルトのアルフレードソースがずらりと並んでいるそうです。なお僕のイタリア人の友達のマリさんは、これを「異端のソース」と呼んでいました。僕は元々カルボナーラやクリーム系のパスタが好きなので、爆弾のようなカロリーの悪魔の食べ物と分かっていても、この白くて濃厚な美味しさの誘惑には抵抗できません。

 

なぜ喧嘩してるのかという話(前回)↓

www.cheesefondueclub.com

 

ツイッター初心者ですが更新通知してます。フォローしていただけると嬉しいです。