アメリカ料理食育日記@日本

国際同性カップルの子育て漫画と、アメリカをはじめとした各国の家庭料理レシピ

アメリカ料理の基本三か条。フェットチーネ・アルフレード2【料理漫画】

 真夜中にパスタ、フェットチーネ・アルフレードを食べながらパートナーのベンと繰り広げている喧嘩(後編)です。→レシピ

前編↓

www.cheesefondueclub.com

f:id:montereyjack:20200112164516j:plain

カロリー気にしない…わけにいかないだろ

「じゃあ、アメリカ料理の基本三か条を教えてあげるよ」ベンが不機嫌そうに言いました。

「うん、いいね。そういうの教えてくれよ」僕は答えました。するとベンは指を三本出し、

「1、バターを使う。2、ベーコンかチーズを使う。3、カロリーは気にしない。以上」

と言いました。

「何だよ、それ?」

再び肩透かしというか、予想外の答えに僕は苛立ちました。ベンはぶっきらぼうに、

「アメリカ料理を美味しく作るコツだよ。今日のパスタの材料知りたいんだろう?その1、バターだいたい1スティック」と言いました。

1スティックというのはアメリカで一般的なバターの単位で、だいたい120gくらいです。これは、バターたっぷりのリッチなパウンドケーキを一台焼くのに十分な量です。僕は驚いて思わずベンを凝視しました。彼は構わず、

「その2、生クリーム。だいたい1カップ使ったかな」と言いました。

彼の1カップはアメリカサイズなので240ccです。日本で一般的な生クリーム1パック(200cc)以上使ったということです。1パックあれば15cmくらいのケーキなら丸々一個塗りたくってデコレーションもできるくらいのクリーム量です。

「その3、チーズ。パルメザンチーズ一本、新しいのあけて全部入れた」

パスタやピザにかける粉チーズ。あれ、僕は一本使い切るのに数ヶ月かかります。それを一気に丸ごと全部入れたというのです。

「ピザを一台埋め尽くしても余る量のチーズだぞ?」

僕は信じられなくて何度も聞き返しました。

「ちょっと待ってくれよ!! バターに生クリームにチーズって、動物性脂肪高カロリー三大選手をその量全部使ってるのか?」

ベンが浮かべた不敵な笑みに僕はぞっとしました。

 

続きます

 

フェットチーネ・アルフレードのレシピ↓

www.cheesefondueclub.com

 

前回↓ 

www.cheesefondueclub.com 

ツイッター初心者ですが更新通知してます。フォローしていただけると嬉しいです。