アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

スターバックスにて1【子育て?漫画】

僕の知らないところでシリーズチェスとタバスコシリーズに続く話です。

直接的には、僕のママ友作りシリーズに続いています。

 

あらすじ。

ママ友を作ろうとした僕は、児童館で先生から、ママさん合唱クラブのリーダーであるメキシコ系アメリカ人のナタリアさんを紹介されました。一方、「タバスコ野郎」が僕を探していると知ったベンは、僕を家に呼び戻そうとしていました。

☆危険な行為の言及がありますが絶対にマネしないでください

 

f:id:montereyjack:20200526044336j:plain

 

飲み物を注文し終えた僕は空いている席を探しました。テラスの隅の席がちょうど良さそうだったので、ロンをベビーチェアに座らせ、自分もかけました。

児童館で、先生からナタリアさんを紹介された後、僕は彼女が始めようとしている合唱クラブの「新メンバー」として、お茶を飲みながら話すことになり、児童館近くのスターバックスに移動したのでした。

それにしても合唱クラブなんて、歌ったこともないのに、どうしよう?音楽は中学校の授業以来だ…。

困ったなあ、とアイスティーをストローですすりながら、ふと携帯に目をやると、ベンから着信の履歴が2件ついていました。かけ直そうかと思いましたが、今にナタリアさんもテーブルに来るし、後でいいかな、と考えていると、急に携帯がブーブーと震え、ミカさんの名前が表示されました。

「もしもし?」

僕が出ると、しかし、電話の向こうにいたのはベンでした。

「冬一郎ちゃん!!今どこにいるんだ?何で俺の電話出ないんだよ?」

「ベン?それミカさんの電話だろ…。一緒なのか?」

「そうだよ!」ベンは、いつもと違うやたら強い口調で繰り返しました。「君、今どこにいるんだ?」

「えーっと」

僕は迷いました。なにせベンはスタバが嫌いで、しかも、同じくスタバ嫌いのミカさんまでそこにいるらしいのです。また1からコーヒーについてお説教されるのは勘弁してほしいなあ…と思った僕は、軽くごまかすことにしました。

「どこって、児童館だよ。出かける前にそう言っただろ」

「嘘つくなよ!」いきなり鋭い声で怒鳴られ、僕はビックリしました。ベンは憤慨した様子で、「児童館を探したけどいないから心配してるんだろ?車の音が聞こえてるじゃないか、外なんだな?」と聞いてきました。僕は面食らうあまり、しどろもどろ、何も答えられませんでした。するとベンは声音をさらに荒らげました。「今すぐ家に戻れ!目にタバスコ入れられたいのか?!」

「どういう脅しだよ…!」僕はやっとのことで怒鳴り返しました。「怖いやつだな!今人と会ってて忙しいんだよ、じゃあな!」

ベンが何か喚いたようでしたが、僕は怒りに任せて電話を切りました。

 

続きます。

 

f:id:montereyjack:20200604142541j:plain

 

目にタバスコの話↓

www.cheesefondueclub.com

 ミカさんとベンが僕を探していた理由↓

www.cheesefondueclub.com

 

児童館でナタリアさんを紹介されたときの話↓

www.cheesefondueclub.com

 ベンがスタバ嫌いだという話↓

www.cheesefondueclub.com

 みんなから受けたコーヒー授業の色々↓

www.cheesefondueclub.com

www.cheesefondueclub.com

www.cheesefondueclub.com