アメリカ料理食育日記@日本

国際育児クラブの子育て漫画と、アメリカをはじめとした世界各国の家庭料理レシピ

ベイクト•ズィティその1。パートナーと仲直りした話(真夜中のパスタシリーズ)【料理漫画】

これまでのあらすじ。

アメリカ人パートナーのベンとパスタのことで口論になった僕でしたが、友人のミカさんからもらった電話で元気を出し、謝ることにしました。

 

f:id:montereyjack:20200122160039j:plain

ミカさんからもらった電話で元気が出た僕は、ベンに謝ることにしました。ベンはあれ以来、別に怒ってはいないものの、ぶっきらぼうな様子です。
「ベン、あのさ…」

ロンが昼寝してくれたタイミングを見計らって、僕はベンに話しかけました。

「こないだは、悪魔とか言って、ごめん。その…また、パスタ、作ってくれるか?」

すると、それまでどこかむすっとしていたベンの顔が、みるみるうちに彼のいつもの、にっこり眩しい笑みにかわりました。

「あははは、そんなの気にしてないよ!でも嬉しいよ、俺のパスタ気に入ったんだね」

喜びついでに、アメリカ人らしくハグやキスまでしかけてきたので、つい僕が、手に持っていた本でブロックしたら、ベンの鼻にあたってしまいました。

「ごめん! そっ、それでさ。ミカさんも食べたいって言ってたから、彼も呼ぼうよ」

「ミカちゃん?」鼻をさすりながらベンが聞き返しました。

「うん。アメリカの味が食べたいって言ってたんだ」

「ふーん。それなら、あれを作ろうかな。ベイクト•ズィティ。ミカちゃん、あれ好きなんだよね」

「ベイクト…ズィ?」

聞き慣れない単語に、僕は聞き返しました。

 

続きます

 

パスタの喧嘩シリーズ

www.cheesefondueclub.com

 

友人からの電話シリーズ

www.cheesefondueclub.com

 

ツイッターで更新通知してます。フォローしていただけると嬉しいです。