アメリカ料理食育日記@日本

国際同性カップルの子育て漫画と、アメリカをはじめとした各国の家庭料理レシピ

ベイクト•ズィティその2。Zitiって何だ?【料理漫画】真夜中のパスタシリーズ

ベイクト・ズィティの話の続きです。前回分から載せます。

f:id:montereyjack:20200122160039j:plain

f:id:montereyjack:20200128140524j:plain

f:id:montereyjack:20200121104243j:plain

 
「ベン、ズィティって何だ?」

僕が聞くと、ベンは「ショートパスタの名前さ。ペンネみたいなやつだよ」と教えてくれました。

「ペンネは端が斜めに切れているだろう?ズィティはまっすぐ切れているんだよ」

「それ、マカロニじゃないのか?」

「マカロニはもう少し小さくて、普通、くるっと丸まっている。ちなみに、マリちゃんに同じこと聞かない方がいいよ。延々と細かく説明されるからね。パスタって600種類くらいあるらしいんだ」

へーえ、そんなにあるんだ。僕は感心しました。2人でキッチンの方に移動しながら、僕はさらに質問しました。

「ベイクトってことはオーブンで焼くのかい?

その…やっぱりカロリーは高いのか?」

「そりゃ、アメリカ料理だもの」

基本が分かってないなあ、とベンはため息をつきました。

「ベイクトズィティは、ひき肉たっぷりのミートソースをパスタにからめて、少なくとも3種以上のチーズをミックスして焼く料理だよ。チーズは多いほどおいしい。ミカちゃんは、君と違ってちょっとくらいの脂肪なんか気にしないんだよ。いつもファットって言ってるくらいだしね」

僕は、ベイクトズィティが好物だというミカさんのことを思いました。いつもとても優しいミカさん。でもそういえば、たまに、

「それファットだな!」(素晴らしいな、の意味)とか「すごくソフトだ」(格好いい、の意味)」とか言ってる。ミカさんしか使わない変なスラングみたいな感じです。彼、やっぱりどこかちょっと変わってるんだよな。

「あー?マリちゃん?」

僕がちょっと目を離していたら、ベンはマリさんに電話をかけていました。そうやって余計なことばかり先にするから、料理が出来上がるのが夜中になるんだよ。

「今から来ないか?ミカちゃんがお腹ペコペコだって言うからさ、ベイクトズィティ作るんだ」

おいおい、何を勝手に話作ってるんだ。ミカさんはアメリカの味が食べたいと言っただけだぞ。彼が今、お腹空いてるかどうかなんて全然分からないだろ。というか、先にミカさんに電話しろよ!

「ベイクトズィティだ?!」スマホのスピーカー越しにマリさんが怒鳴る声がしました。「またお前ら、そんなもんを!ラザーニャをつくれ、ラザーニャ!」

何はともあれ、賑やかな夜になりそうな予感がしました。

 

次回はベイクトズィティのレシピをアップします。

 

真夜中のパスタシリーズの第一話↓

www.cheesefondueclub.com

 

 

ツイッターで更新通知してます。フォローしていただけると嬉しいです。